インプラント症例 2本以上の埋入 総合治療のビフォーアフターと体験談



インプラント事例集


インプラント症例 ビフォーアフター

4本埋入+総合治療の事例

【50代女性 インプラント箇所: 右上4番・右下4番・5番・6番】

[上の歯]
  [上の歯]
インプラントが入り、歯茎の状態も改善され、また噛み合わせも良くなりました。
【レントゲン写真】
右側の歯でしっかり噛めるようになりました。
[下の歯]
ブリッジしているため、見た目は大丈夫そうですが、歯茎が腫れて物が噛めない状態す。
  [下の歯]
インプラントが入り、歯茎の状態も改善されました。
【矯正治療】
埋入したインプラントを使って矯正治療。とむ歯科では歯のコーディネーターと連携してプランを立てています。

体験アンケート6

※クリックで体験談が拡大します

インプラントを選択した理由

80才にて20本以上歯があるようにと思ってきましたが、残念ながら気がついたときすでに20本ない状態だったので、これ以上少ない歯になりたくない要望と、自然の歯のような仕上がり感にしたいと思ったから。

歯周病と自覚なくすごしてきた依然と現在は歯だけでなく体内部及び外観の違いを感じます。何を食するにもおいしくいただける様になったのと笑顔の仕方に違いを感じます。

専門医のアドバイス
 

この方は、初診時歯周病治療を希望された患者様でした。
左上の前歯から奥歯にかけては通常の歯周病治療に加えて、外科的治療も希望されたのでできる限りレーザーなども使用しながら進めました。

無事治療が終わった後で、長期的な歯の安定の相談を希望されたのでとむ歯科のコーディネーターとプランを立てました。歯並びや噛み合わせなども修正してインプラント治療も行う。矯正治療、歯周病治療、審美歯科、インプラント治療、噛み合わせ治療など、とむ歯科の総合的な治療を行いました。

約1年以上かかりましたが、今では歯並び、噛み合わせ、歯茎の状態などが安定したお口を取り戻して長く歯を守りやすい状態になりました。とむ歯科での治療が良い出会いだったと言っていただき、最高のお褒めの言葉をいただきました。これからメンテナンスを共にしっかりしましょうね。

2本埋入の事例

【50代 女性 インプラント箇所: 右下5番・6番】

事例の詳細
緊張感を強いられる事が多い仕事がら、歯をくいしばることも多く、そのため奥歯に負担がかかり、歯を失ってしまった方の事例です。
奥歯を失うと全体の噛み合せバランスが悪くなり長期的には良くありません。   インプラントにしたことで、噛み合わせもよくなりました [CTシュミレーション]
このようなCTシュミレーションを用い、患者様にもわかりやすく説明しております。

体験アンケート7

※クリックで体験談が拡大します

インプラントを選択した理由

入れ歯になりたくなかったからです。

すぐになれたので、別に不便は感じませんでした。
少し重い気がしました。

最初は非常に不安でしたが、今は良かったと思います。
他人にすすめられます。

専門医のアドバイス
 

奥歯を失うと全体のかみ合わせのバランスが悪くなり長期的には良くありません。
治療計画を検討した結果、「長持ち、他の歯に負担をかけない」希望もありインプラント治療を希望されました。
3本を入れたインプラントでしたが約4ヵ月で無事に終了しました。CTシュミレーションをしていたので安心してインプラント治療を受けていただきました。

2本埋入の事例

【50代女性 インプラント箇所: 右下4番・6番】

事例の詳細
ブリッジ治療に不満があり、来院されました。
ブリッジしているため、見た目は大丈夫そうですが、歯茎が腫れてしまっています。   写真だけだとどこが本当ので、どれがインプラントかわからないくらいですよね 【レントゲン写真】
2本インプラントを入れました。

体験アンケート8

※クリックで体験談が拡大します

インプラントを選択した理由

かぶせ歯が気に入らなかったから

歯がみがきやすくなった。

専門医のアドバイス
 

患者さんは、ブリッジ治療に不満があっての来院でした。
本来、虫歯のない歯を削ってブリッジにされたということでインプラントのことを知らなかったそうです。患者様からの紹介で今回とむ歯科でのインプラントを2本いれることになりました。
骨の状態もよく、4ヶ月できれいにかぶせを入れることができました。

2本埋入の事例

【60代女性 インプラント箇所: 右下6番7番】

事例の詳細
昔、右下奥の6,7番に義歯を勧められたが、何も対策をせずそのまま放置していたら、左下の歯に負担が蓄積し、歯がトラブルになり左下をブリッジにしました。
インプラントを選択した理由
以前からインプラント治療は気になっていていたけれど治療に踏み切る勇気がありませんでした。しかし、友人に勧めで決意し、右下奥の6,7番のインプラント治療に臨みました。
奥歯がないため、歯のかみ合わせの均衡がとれず、左の歯に大きな負担がかかります。   かみ合わせに金歯を使用していたため、今回のインプラントはゴールドにしました。 【レントゲン写真】
かぶせ物をした状態。不安だった噛み合せも改善されました。
専門医のアドバイス
 

噛む力の均衡がとれなくなると、歯の一部分に負担がかかります。
その状態で放置しておくと、歯のトラブルにつながります。
今回の場合、最初に義歯を勧められた時に、対策がなされていれば、左下の歯はブリッジにしなくてもすんだかもしれません。そのためにも、歯科医師と話しあって、適切な指針を導きだしてください。

3本埋入の事例

【40代 男性 インプラント箇所: 右上1番2番、左上1番】

事例の詳細
自転車の転倒で、前歯3本を失いました。
転倒後すぐに口腔外科にて応急処置を受けたのですが、しばらく入れ歯をはめなければいけない状態でした。見た目と固定式の治療法を望まれたためインプラント治療を提案いたしました。
転倒事故のため、患部にかなりのダメージを受けています。   CT診断によりインプラント治療が可能とわかり、インプラント3本入りました。 [前から見た写真]
写真で見ると、どこが本当ので、どれがインプラントかわからない状態までになりました。

体験アンケート9

※クリックで体験談が拡大します

インプラントを選択した理由

ほかに選択肢が 入れ歯しかなかったので

自分の歯に比べると、インプラント部は物を噛んだり、味を感じない。
入れ歯に比べてとても快適です。

どこまで治るか不安でしたが、きれいになり大変満足です。ありがとうございました。

専門医のアドバイス
 

数年間予防をさせていただいている患者さんです。
患部にかなりのダメージを受けていた患者様だったのですが、幸いCT診断によりインプラント治療が可能な症例でした。約1年がかりの治療になりましたが、仕上がりにも満足していただけてよかったです。
今後転倒には気をつけてくださいね。

3本埋入の事例

【70代女性 インプラント箇所: 右下1番・2番・4番】

事例の詳細
他医院で右下6番のインプラントと 、ご自身の2本の歯とブリッジをしていたため、歯に負担がかかり、長期安定が不可能になってしまいました。また、歯茎が腫れて噛めなくなってしまいました。
インプラントを選択した理由
前回インプラント治療をした歯科医院を勧めたましたが、患者さんの強い希望で当院でインプラント治療を行いました。
ブリッジしているため、見た目は大丈夫そうですが、歯茎が腫れて物が噛めない状態す。   インプラントにしたことで、噛み合わせもよくなり、腫れが引きました。 【レントゲン写真】
右側の歯でしっかり噛めるようになりました。
専門医のアドバイス
 

インプラントの保証期間は、各歯科医院の規定によって異なりますが、ほかの歯科医院でインプラント治療を行うと、保証がきかなくなってしまう場合があります。
複数回インプラント治療を受ける場合は、同じ歯科医院での治療をお勧めしますが、どうしてもという場合は、保証等を確認した上で新しい歯科医師を選択してください。