インプラントの質問 総入れ歯とインプラント(インプラントデンチャー )



よくある質問


総入れ歯とインプラント

インプラントデンチャー 

インプラントを支えにする入れ歯

インプラントデンチャーは、顎の骨に埋入したインプラントに入れ歯をひっかけることで、安定感をだす、インプラントと入れ歯の利点を合わせて実現した方法です。
歯がなくても、インプラントを使うことで、入れ歯が動く、よく外れて噛めない、という悩みを解消できます。
インプラントデンチャーは、通常のインプラントと同じく、埋入の手術を行います。次に、そこに、上部構造(人工歯)ではなく、入れ歯と連結させるアタッチメントををかぶせます。次に、口の中の型をとります。その型から義歯が作るための精密な模型が作られます。そして新しい義歯に合った歯の色や形を選びます。義歯が完成すると、インプラントの箇所に結合し、義歯が装着されます。

インプラントの流れ

  • 通常と同様にインプラントを骨の中に埋入する手術を行います。
  • インプラント箇所に入れ歯と連結させるアタッチメントをかぶせます。
  • 口の中の型を取り、新しい義歯を作ります。
  • 入れ歯をインプラント結合部分と連結させます。義歯を装着して完成です。
インプラントの良い点 インプラントの良い点
  • 安定感がある
  • 自然に近い噛み応え
  • 普通の入れ歯に比べ見た目が良い
  • 埋入手術が必要
  • 外科手術である以上、失敗する可能性がある
  • 手入れは入れ歯と同じ

インプラントデンチャーQ&A

新しい義歯は適合しますか?

最初は、噛み合わせの時に、義歯が傾くことがあります。唾液の量が増えたり、口の中に異物感を感じ、嘔吐感を伴うこともあります。また、舌がもつれて話しづらくなります。しかし、新しい義歯に慣れるにしたがって、そのような問題は解決します。

噛みごたえは、改善されますか?

オーバーデンチャーの特徴は、入れ歯でも良く噛めることです。
残った歯と入れ歯を組み合わせることで、顎と一体感のある入れ歯となり、自然に近い噛み応えでお食事いただけます。

見た目は、よくなりますか?

お口の中は快適に 見た目もより自然に ? 従来の総入れ歯は、顎に吸い付くように作るため、どうしても周りを大きくする必要がありました。しかしインプラントデンチャーは、入れ歯の大きさを小さく作れるので、違和感も少なく、見た目も良くなります。

メンテナンス方法を教えてください

結合力は強くなりますが、入れ歯に変わりはありませんので、手入れは入れ歯と同じです。
毎食後の洗浄、就寝前は取り外す必要があります。

マグネットインプラントデンチャーとは?

インプラントの連結部分を磁石にする方法で、顎の骨に埋入したインプラントに入れ歯をマグネットにより連結させます。磁力で自然な装着感が出され、歯やあごにも負担少ない方法です。