インプラント治療の流れ 型取りから上部構造の装着



インプラントについて


治療の流れ

型取り〜上部構造の装着

完全に歯茎がくっついたら二次インプラント手術

歯茎を開いてインプラント体の頭を出し、1〜2週間まちます

型取り

いよいよ型とりです。印象用(型どり)のアバットメント(支柱)をインプラントに装着し、型を採ります。
同時にセラミック人工歯のシェード(色)を決めます。
かぶせ歯ができてからといってすぐつけずに、場合によってはそれを仮付けにし、見た目や噛み心地を評価していただきます。

専門医のアドバイス
 

かぶせ歯の見た目や噛み心地は、これからの生活に大きくかかわります。
普通の歯科医であれば、綿密な打ち合わせと、細かい微調整を行います。

上部構造(歯)がつく

型取りが確認できて始めて、完成した人工歯をインプラントに接合します。