インプラント治療の条件、医師に相談が必要な場合



インプラントについて


インプラント治療の条件

インプラント治療ができない方や条件を満たしていないと、治療ができない場合があります。

インプラント治療が受けられない人

骨の厚さが
出せない方
インプラント治療には、一定の骨の厚みが必要となります。レントゲン・CTの結果により骨の厚みが出せないと診断された方は、インプラント治療を受けることができません。
未成年者 まだ成長過程にある未成年の方はインプラント治療はできません。最低年齢が各病院によって異なります。(参考)とむ歯科 18歳未満はインプラント治療は行えません。
放射線治療を受けている方 放射線治療などを受けている方も、特に顎骨に放射線を受けている場合には外科処置は禁忌です。麻酔を行うことも危険で、歯科麻酔により骨髄炎を起こす可能性があります。また、放射線治療後には唾液の分泌量の減少が起きることがあります。唾液の分泌が少なくなると、虫歯や歯周病がおこりやすくなり治療が難しいことがあるため、放射線治療後には口腔内の管理に十分注意が必要です。
ホルモン治療を受けている方 ホルモン治療を受けている方も、インプラントの失敗に関連があるという研究結果も出ています。病院によって行えるか異なります。
1型糖尿病の方
免疫不全の方
1型糖尿病、免疫不全の方はインプラント治療を行うことができません。

医師に相談が必要となるもの

生活改善や病状をコントロールすることができれば、インプラント治療が可能となります。

妊婦 妊娠安定期を除き、妊娠初期の方や妊娠後期の方のインプラント治療は賢明とは言えません。
高血圧の方 血圧を抑える薬を使用していたりしていると、血が止まらなくなってしまいます。 そのため、インプラント治療ができるかを医師との相談してから決定します
骨粗しょう症の方 骨が弱くなってしまっているので、インプラントの土台部分として耐えられるかが問題となります。医師へ相談が必要となります。
2型糖尿病の方 生活改善やコントロールすれば治療が可能となります。