インプラントとは、インプラント治療の流れ



インプラントについて


インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、人工的に作った歯根を歯の欠損部のあごの骨の中に直接埋め込み、その上に歯を付けます。
歯を失ってしまった場合、一般的には入れ歯・差し歯をイメージされる方も多いと思いますが、それらは合わなくなったり、がたついたりすることがしばしば発生します。
しかしながら、インプラント治療はそれらの問題を全て解消することができる画期的な治療法なのです。
特に昨今では生活の質を向上させる世論が強くなりより良い生活を求めるための提案としては最適なものであり世間一般に認知されるようになりました。
>>インプラント以外の方法

インプラントの流れ

治療の内容


  • レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画について説明を受けます。

  • 局所麻酔下、あるいは無痛鎮静法を併用してインプラントを骨の中に埋入する手術を行います。

  • 手術が終わった次の日から数日間、口の中を消毒し、骨がくっつきまで待ちます。

  • 歯茎を開いてインプラント体の頭を出し、人工歯をインプラントに接合します。
インプラントの良い点 インプラントの悪い点
  • 両脇の歯を削らない
  • 固定式
  • 話しやすい
  • よく噛める
  • 味覚が損なわれない
  • 周囲の歯に負担をかけなくてよい
  • 埋入手術が必要
  • 外科手術である以上、失敗する可能性がある
  • 費用が高い
  • 保険の適用外

このようなお悩みの方にお勧めです

見た目のお悩み

  • 思い切り笑いたい
  • 口の中が見えて、いやな思いをしたくない
  • 交通事故の外傷などで歯を失ってしまった
  • 自然な歯並びを手に入れたい

入れ歯でお悩み

  • 入れ歯が合わない
  • 着脱がわずらわしい
  • 気持ち悪くて装着できない
  • 旅行中に手入れをしたくない
  • 周りの歯が痛むのがいや
  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある

ブリッジでのお悩み

  • 隣の健康な歯を削りたくない
  • 一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない