インプラント治療方法とインプラント手術の種類



インプラントについて


インプラントの治療方法

インプラントによる治療

インプラントとは、人工の根(インプラント)を歯ぐきの内に植え込み、歯の土台を作り、その上に人工の歯をしっかりと固定するという治療法です。
インプラント治療によって歯の欠損を修復すると、取り外しの入れ歯の異物感から解放され、もとの自分の歯とほぼ同じようにものを噛むことができます。また、歯が一本もない場合にもインプラントで義歯がしっかりと固定され、従来の入れ歯でよく問題となった「すべり」や「ずれ」による食物の介在による痛みも解消されます。インプラント義歯によって噛む能力(咀嚼機能)が回復すると、バランスの取れた食事もとれるようになり旅先や人前においても気兼ねなく食事や会話が楽しめます。

インプラントの方法

インプラント治療は、さまざまな状況により方法が異なります。

1回法

インプラントの手術を1回で終わらせる方法

1回法はインプラントを骨に挿入した後、口内に露出させます。その後、人工歯を装着するので、1回の切開で全てを終らせることができます。
ですが、骨の厚さや高さが不足している場合には感染のリスクが高くなってしまいます。骨が十分ある人向けの治療法です。

2回法

インプラントの手術を2回に分けて行う方法

これに対し2回法は、インプラントを埋め込み後、一度歯茎を閉じてインプラントと骨がくっつくのを待ってから(通常、下顎で3〜4ヶ月、上顎で6ヶ月程度、骨内での治癒期間が必要です。)再度歯茎を切開して、ネジ止めにて、人工の歯を装着します。
こちらは手間がかかり、手術期間も長くなってしまいますが数ヶ月間粘膜下にインプラントをおいて置く事により、インプラントと骨がより強固に結合し、感染するリスクも少なくなるのです。

■一次手術/人工歯根の埋め込み

歯肉を切開し、ドリルで歯槽骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。その後、骨とインプラントが定着するまで3〜6ヶ月程待ちます。
この間、仮歯や入れ歯を入れますので歯がない状態で目立つという事はありません。
(一回法では歯ぐきの縫合をせずに台座を露出させておきます)

■二次手術/アバットメントの取付

歯肉を切開して台座(アバットメント)を取り付け、必要に応じて仮歯をつけます。その後歯肉が落ち着くまで2〜3週間待ちます。

特殊なインプラント治療方法

抜歯即時インプラント

事故などで歯根が折れてしまったり、ブリッジや差し歯がだめになって抜歯をすると、歯肉に抜歯痕が残ります。インプラントで欠損部分を補う場合、通常は、抜歯後の穴がふさがるまで待ってから治療を行います。
しかし、抜歯した状態を継続させると、骨が痩せていくので、よくありません。
そこで、抜歯したその日に、インプラント埋入を行ないます。

骨誘導再生術(GBR)

歯槽骨は歯を支える為の骨で、歯が無くなると急速に衰えていきます。
最新の歯科医療では、歯槽骨が衰えた部分でも、再生が可能となってきました。

ボーングラフト(骨移植術)

インプラント箇所の骨の厚さが足りない場合に、自分の骨を移植する方法

歯科における骨移植は、それほど大がかりなものではありません。
移植する骨も本人の歯槽骨やあごの骨から調達する場合が多いので手術の範囲も限られています。
ただ、ケースにより他の部位から調達する場合もあります。
また、人工充填材料を使用する場合もあります。

上顎洞底挙上術:サイナスリフト

上奥歯をインプラント治療する、上顎に充分な骨の厚さがない場合に行う方法

上あごの内部には、上顎洞と呼ばれる大きな空洞が存在します。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯が無くなると歯槽骨の吸収が進み、上あごに置いては、歯槽骨側と上顎洞側の両方向よりからの骨吸収が進行することが有ります。そこで、広がってきた上顎洞に移植骨や骨補填材、最近ではインプラント本体の一部を挿入して、上顎洞の底部を押し上げる技術が開発されました。それがサイナスリフト上顎洞底挙上術です。